体験談。ヒト・カネ・シゴト。大事なのは、どれ?


42歳 男 自営業 父親

今現在は総額200万円ぐらいですが、2年ほど前は総額500万円以上ありました。銀行からは二社で200万円以上。この中で銀行のカードローンも含みます。信販系から300万円以上でした。信販系は三社です。内容は、カードローンやショッピングローン、自動車ローン、リボ払いを含みます。事業展開で事業用途が第一でしたが日々の生活でも普通にカードを使っていたのです。信販系やカードローン銀行のカードローンなどは、事業していることを書類に書くと、けっこう貸してくれるもので審査もブラックリストに載ってなければ簡単に通ります。事業で即座に使う物はカード支払いが非常に便利なものです。借金やローンをして、ちゃんと返していくと限度額が引き上げられ、またダイレクトメールや電話での案内で新しい融資を勧められます。そして、その案内で「ちょうどいい話だ」と自分で勝手に思い込み、さらに借金やローンやリボ払いをしていった訳です。 2年ほど前に新しく事業を展開しようと代理店の契約金と必要な備品の購入、パソコン・プリンターやクルマの購入と、事業展開するうえで必要不可欠な様々な物を購入していった結果、500万ほどの借金になってしまった。

借金を返済すると決めてから、まず最初にやったことはカードローンに過払金があるか調べてもらったこと。幸いにも20万円ほどの過払金があることが分かり、司法書士事務所に依頼して過払金請求をした。その次にやったのは生命保険や医療保険の見直し。保険の見直しで月単位で1万円ほど節約できた。そして、食費・交際費・雑費の見直し。また、日常的に買い物するときにポイントカードの活用やクレジットカードのポイント活用で節約した。

借金をして、1番嫌な思いは友人や知人との交際が減ること。交際費を考えてしまうので控えてしまう。そして、まだ自分は独身なんですが、恋人作りも出来なかったわけです。人との付き合いが、ほとんど出来ないのは辛いものです。

体験談。ヒト・カネ・シゴト。大事なのは、どれ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です